スケジュール | 番組 | おこし | TV局 | TV北野ガイド | ログオン | トップページ

『足立区のたけし、世界の北野』(2001/07/13放映分)の横丁おこし
  足立区のたけし、世界の北野 
出演 ビートたけし 高田文夫 ガダルカナル・タカ つまみ枝豆 ダンカン グレート義太夫 太田浩介 〆さばアタル 〆さばヒカル 永田杏子 小島可奈子
制作 フジテレビ イースト プロデューサー/吉田宏 梅本満
内容 北千住ブラザース/♪メガネザル〜手長ザル まんぐり講座/オーディションを検証 ゆうなちゃんの妹役をいろいろなお色気ゲームに挑戦させて選考 他に軍団トーク
放映 
フジテレビ2001/07/13() 00:55〜 01:25
 番組へのコメントコメント数:0/視聴状況:0)  この回へのコメントコメント数:0/視聴状況:0)  番組詳細へ

 
(北千住ブラザース。義太夫さんのギター、タカさんのドラム、枝豆さんのタンバリン、ビクター小池さんのキーボード。デビルガールズのお二人は黒の花柄ブラウスに黒のミニ。)

(オープニングテーマはなし。いきなりイントロから始まり)



(テロップ:「TOKIO」 arranged by 北千住ブラザース)



=========================================

沢田研二の「TOKIO」より
arranged by 北千住ブラザーズ


メガネザル 手長ザル

北京原人 クロマニヨン

火を起こし 木に登り

直立歩行で人になる

(タカ:ヘイ!)

ゴ〜リ〜ラ (デビルガールズのお二人もコーラス)

いかりや 衣笠 ボス争い

ゴ〜リ〜ラ

ガッツが餌をとる


=========================================

(ジャンジャンとぐるぐる手を回して決めのポーズをとろうとしたたけしさん、途中でやめて引き返す)

枝豆:ぎゃはははは!





(BGM:「ホワイトルーム」by クリーム)

(ひまわりの背に砂浜、打ち寄せる波の中にTV タイトル:「足立区のたけし 世界の北野」)




(タイトル:「北野まんぐり講座」)
(「オーディションを検証する」)

(今週は竹内さんのたけしさんのイラスト〈裸のたけしさんが三人踊っている〉のアイキャッチャーがお目見え)

(スタジオには、いつものように右からダンカンさん、永田さん、高田先生、小島さん、義太夫さん、枝豆さんが座っている。


タカ:皆さんこんばんは!

一同:こんばんは!

(スタジオ拍手)

タカ:北野まんぐり講座の時間です。今日は久々に、本気でまんぐりますよ。

ダンカン:えっ!

タカ:いい感じで、色合いで言うと今日はピンクで行きたいと思います。

高田先生・ダンカン・枝豆・義太夫:お〜っ!(拍手して喜ぶ)

タカ:まずはいつものおハガキですけど、封書で来る人いるんですよねぇ。え〜、「まんぐりファミリーの皆さん、ちょっと聞いてよ」。

高田先生:てっ(何だその口調は、といった調子で)。

タカ:「前に〜、私〜、モーニング娘。のオーディションに応募したんだけど、落ちちったの。」

枝豆:落ちちったの。

高田先生:落ちちったの。

タカ:つんくも見る目ないなぁって思っちゃうよね。板橋区、ペンネーム・モランボンタレ子さん、17歳」の方からいただきました。男性・女性含めて、とにかくたくさんのオーディションやってますけども、教授はですね、どうなんでしょうね。まぁオーディションする立場の方が多いですから。

永田:うんうんうん。

タカ:昔、もしかしたらオーディション受けたことがあるかも知れません。ちょっとうかがってみましょう。教授お願いします!

太田:はいっ!

(スタジオ拍手、キタノ教授登場。今日の被りものはヒゲのおじさんの顔。クレージーキャッツの安田伸さんを一般的にでもした感じ)

殿:いやいやいや。

タカ:教授は、映画の時はオーディション、する方の立場ですよね。

殿:やるよ。

タカ:どういうとこで人を見分けるんですか?

殿:オーディションはね、俺ね、オーディションのとこにいないんだよ、なるたけ。袖からこうやって見てんだよ。

(テロップ「教授のオーディション選考風景」)

タカ:ヤなタイプじゃないですか。

(スタジオ笑い)

タカ:何でそうやって袖から。

殿:だって、俺を意識されると困るから。

タカ:はぁ〜っ。

殿:ガイジンの時は楽なんだ、俺だって知らないから。

タカ:はいはいはい。

殿:つうと、あの〜、スタジオの端の方でタバコ吸って、遠くの方から見てんの、こうやって。

タカ:はぁ〜っ。

殿:それで、こっちにオーディションする奴がいるわけ。その前でやってっと、そいつをやってんだけど、俺はやってる奴を見てんじゃなくて、待ってる奴ばっかしじ〜っと見てて、アガってる感じの奴――「どうしよう、どうしよう!?」って、そういうのを選ぶ。

タカ:さぁ、そんな訳でですね、今日はオーディションを実際にこの会場に開きながら、オーディションとはどういうものか勉強して行きたいと思います。

(テロップ「このあとは…大興奮 まんぐり娘オーディション!!」)




(BGM:「BAD」 by マイケル・ジャクソン)

ナレーション:この番組は、ご覧のスポンサーの提供でお送りします。

TOSHIBA EMI、Play Station、avex trax、ユニバーサルインターナショナル、メニコン、ワーナーミュージック・ジャパン)

(CM)



(SE&ドラムロール)

タカ:『輝け! 第一回まんぐり娘オーディション・ゆうなちゃんの妹を探せ!』。

(スタジオ拍手&「FNS歌謡祭」のBGM)

(スタジオのセットが特大のおっぱい2つ。右のおっぱいに「ゆうなちゃんの妹を」、左のおっぱいに「探せ!!オーディション」と書いてある。その下にビキニのパンツのセット。ゆうなちゃんは傍らでミスユニバース風の真紅の王冠、ガウンをまとい、豪華な椅子に座って微笑んでいる。)

(スタジオ右手にはレギュラーメンバーの方が座っている。前列左から、たけしさん、高田先生、永田さん、ダンカンさん、後列左から義太夫さん、小島さん、枝豆さん、アタルさん、ヒカルさん)


タカ:さぁいよいよ始まりました。

高田先生:すごいなぁ。

タカ:今夜はですね、我が『まんぐり』のセクシーエンジェル、ゆうなちゃんのですね、妹分を発掘するということで。

高田先生:妹分。ヤだよ、弟だったら。

(スタジオ笑い)

タカ:それは嫌ですよね、全国からですね、45,000通を超える応募の中から。

永田:すご〜い。

タカ:はい。そしてですね、そして教授には審査委員長、皆さんには審査員になっていただきます。それではですね、一番の方から、ひとりずつ自己紹介を兼ねたアピールをお願いしたいと思います。

(これから、ゆうなちゃん妹分に挑戦の方が一人ずつ登場)

エントリー@浜野美沙:浜野美沙です。スリー・サイズは上から83・56・80です。おっぱいの形が結構綺麗だと言われてます。

(1番の女性、ピンク、黒、金のキャミから前かがみになって胸をちら見せ)

男性陣:うわ〜っ!

タカ:おおっ!

(スタジオ拍手)

高田先生:ポイント高いねこれは。

タカ:そうですね。二番目の方よろしくお願いします。

エントリーA坂上華絵:坂上華絵です。上から86・60・88です。

(2番の女性はピンクのワンピースを着た方)

タカ:三番目はこんな方です、どうぞ。

斎藤知香:斎藤知香です、上から、85・60・88です。好きな体位は抱き地蔵なんですけど。

タカ:おっ!抱き地蔵!

殿:抱き地蔵!

タカ:坊や良い子だねんねしな!

斎藤知香:開脚が得意なんで行きたいと思います。

タカ:開脚!開いた開いた!お〜っ!

(3番の女性、白のシャツに黒にバラ柄のスカートを着ているが、スカートをたくしあげて床で大胆に開脚)

(テロップ「開脚披露」)

殿:潮干狩りじゃないのかおい。

高田先生:おうおうおう。

タカ:これまた強烈なアピール!すいません、ちなみに皆さんがですね、非常に、抱き地蔵という体位、どういうものなのかというのを。

斎藤知香:相手にしがみついて。

殿:あ、駅弁売りみたいなやつか。

タカ:あ、座った駅弁みたいな形ですか。

殿:四番目はいいぞ。

(四番は番組でおなじみ、東京サギまがいの高橋さん。水色のカーディガンにストライプのワンピース)

タカ:四番目は特にいいですよね。何出て来てんだよ!

義太夫:ふはははは!

(カーン)

タカ:はい。え〜、三人の方でですね、ゆうなちゃんの妹を争うオーディションをこれから展開していきたいと思います。

(SE「まんぐり!」&アイキャッチャー)

タカ:「セクシー早脱ぎ選考」!!

(スタジオ拍手)

タカ:第一次選考はですね、早脱ぎでございます。皆さんにはこれからですね、後ろにありますさまざまな衣装から――セーラー服からですね、スチュワーデスさんOLさん、いろいろな衣装がありますんで、どれだけ早く脱いで早く着替えるか、この時間ですね。これがまず第一。そして次にですね、脱いだり着たりしている時のセクシー度、これを芸術点として加えさせていただきます。じゃあまずはですね、ゆうなちゃんにお手本としてこんな感じで脱ぐといいわよ、着るといいわよというの見せてもらいましょう。

(テロップ「ルール 気に入った制服を選び特設ボックスの中に入って早く着替える」「芸術点としてセクシー度も加味される」)

ゆうな:はい。

(ムーディーなBGMが流れ、脱ぎスタート)

(テロップ「早脱ぎ見本」)

タカ:これは下着ですね。

ゆうな:下着です。

(ゆうなちゃん、黒に白レースをあしらったブラとショーツ)

タカ:ほら、前のところ結構、メッシュッシュ、ガッシッシ一番と。

(ゆうなちゃん、パンツの前の部分を手で隠す)

高田先生:ガッシッシ。

義太夫:(笑)ウッシッシ。

タカ:はい、じゃあちょっと、着替えていただきましょう。ゆうなちゃんは、可愛らしい体操着ですね。

(ゆうなちゃん、白の体操服&ブルマのセットを選ぶ)

ゆうな:体操着で〜す。

タカ:はい、これに着替えていただきます。

高田先生:おっ。

タカ:それでは行きましょう。よ〜い、ピッ!

(BGM)

(懐かしい「スーパージョッッキー」の熱湯CM風のすりガラスの向こうで着替えるゆうなちゃん。)

タカ:んっ!はっ!んっ!お〜っ取った!ジャーブラ・りーとー!カメラの方、意識してね、今ね。

男性陣:あ〜っ! 

(ゆうなちゃんがブラを落としてかがんでサービス)

タカ:わざと落とすテクニック!いいですねぇ。おっ!素肌同然ですよ! 

(カメラさん、背中の方からローアングルで)

タカ:チラチラ見えながらの、まだ靴下。保たせますね〜、もう!おっ!あっ!ピーッ!

ゆうな:終了〜。

タカ:あっ!体操服の正面からポッチがふたつ!

(スタジオ笑い)

タカ:これがいいですねぇ。押してみたいスイッチが。はい、こんな感じで皆さんも頑張って下さいね。じゃ、準備よろしいですか?

浜野:はい。

タカ:では行ってみたいと思います、OLに変身します。よ〜い、ピッ!

(ブライアン・ハイランドの“ビキニ・スタイルのお嬢さん”が流れる)

タカ:足に行きましたね。お〜っ!

殿:服ん中に靴入っちゃって。

タカ:まずは下から行きましたね。

殿:スカート。

(ピンクのミニタイトをかがんで穿く。そして腰を振りながら笑顔で立ち上がる2番の女性)

タカ:スカート。捻った!ブラウスですよね、ブラウスを着て、お〜っ!強引に今見せましたね。

殿:何か、炎の舞いみたいな。

(スタジオ笑い)

浜野:できました!

タカ:はい、時間が1分19秒。え〜、審査員の皆さんの中で、芸術点で気になるようなところがあったらちょっと。

高田先生:炎の舞が良かった。

タカ:炎の舞、なかなか良かったですね。揺れながら下がって行くっていうところですね。

高田先生:うん。

タカ:はい。芸術点の方、それぞれ。

永田:何点満点ですか?

タカ:十点満点でお願いします。

(SE)

タカ:はい、点数を見せていただきます。はい、殿・5点、高田先生・7点、永田・8点、ダンカン・7点、義太夫・6点、小島・5点、枝豆・7点、アタル・6点、ヒカル・5点と、いう状況になりました。

高田先生:合計は?

タカ:合計がですね、56点。はい、では華絵さん、衣装は何を選びましょう?

坂上:え〜と、セーラー服で。

タカ:セーラー服!

坂上:はい。

タカ:はい、さぁ、それではよろしいですか? 行きましょう、華絵ちゃんのチャレンジです。ピッ!

(“ビキニ・スタイルのお嬢さん”が流れる)

タカ:微妙に見せる方、芸術点の方に力を入れてるのかも知れませんね。

殿:んっ、出た!何だ今の?

(白のレースTバックがアップで写る)

タカ:お〜出た、今出た。あ〜っ!いい感じ!四番が頷いてどうすんだ。お〜っ、素肌にセーラー服。ソックスよりもパンティをどうにかして欲しいですね。おっ、速くなった。ここで速くなったですね。

殿:速くなった、おっ。

(ルーズソックスを穿いた後、スカートを一気に上げる。)

タカ:あんなテクがあったあったんですね。

坂上:できました。

タカ:はいオッケーです。さぁ書き上がりましたね、それでは見せていただきましょう。どうぞ!

(SE)

タカ:殿・6点、高田先生・6点、永田・7点、ダンカン・7点、義太夫・7点、小島・8点、枝豆・6点、アタル・7点、ヒカル・7点。ということはですね、先ほどよりもだいぶ、6点ほどアップしましたね。次のですね、知香ちゃんは何を選ぶんでしょう。

浜野:じゃあウェートレスで。

タカ:ウェートレスで、はい。用意、ピッ!

(“ビキニ・スタイルのお嬢さん”が流れる)

タカ:おっ、速いですね。自分のズボンをサササッと。その後どういう見せ方をしてくれるのか。おっ、皆さん時間を競って、誰一人慌てないで下さい。それはキュロット系ですかね。大胆なコーディネートをして参りましたよ。あっ! これは見てみたかった格好かも知れませんね。

(黒の下着の上に直に白いフリルエプロンをつける3番の女性。そしてピンクのスカート、頭に白のフリルのヘアバンドをつけてア○ミラ風いでたち)

殿:頭につけるんだ。

浜野:できました。

殿:勝負!

タカ:さぁ、これは思い切って勝負に来ましたね。さぁそれでは審査員の先生方、得点を書き込んでいただきましょう。

小島:う〜ん。

タカ:さぁそれでは皆さんの得点を見せていただきましょう。どうぞ!

(ジャン!)

タカ:殿・6点、高田先生・7点、永田・7点、ダンカン・3点!?

ダンカン:はい。

タカ:義太夫・8点、小島・8点、枝豆・6点、アタル・7点、ヒカル・8点、え〜、でも得点は、芸術点60ポイントを獲得しました。はい、ということで、え〜、以上を3人でいいですよね。まぁまぁ、第一次ですから、この程度でございますけれども、ここからはどんどんどんどんエスカレートして参りますんで、期待していただきたいと思います。

(4番の高橋さんはそのまま保留)

(SE「まんぐり!」&アイキャッチャー)

タカ:「プルプルおっぱい万歩計選手権」!!

(スタジオ拍手)

タカ:さぁ、この辺りから、非常に楽しくなって参ります。

高田先生:盛り上がって来たな、うん!

タカ:え〜、今回はですね、皆さんそれぞれご自慢の胸、え〜、ブラジャーの中に万歩計を装着します。

高田先生:オッケー。

タカ:そしてですね、え〜、決められた時間内にですね、どのぐらい胸を揺らすことができるか。

高田先生:お〜なるほど。

タカ:この揺らす回数を競っていただきたいと思います。はい、ではまずはですね、ゆうなちゃんにですね。

ゆうな:はい。

タカ:プルプル万歩計の、どういうやり方があるというのをですね、基本形を三つほど見せていただきたいと思います。

(BGM:♪ボクが飲んで、妹飲んだのに、ちっちゃくならないママのおっぱい〜、という不思議な歌がずっと流れる。ゆうなちゃんは、おっぱいの中に万歩計を入れて、両手でゆさゆさと揺らしている)

タカ:はい、これが縦揺れですね。そして今度はですね、え〜、ややサイドに手を持って行きます。はい。ここから横に振る、はい!

高田先生:横!

タカ:はい! 横揺れ!

高田先生:おぉ、横揺れ!

タカ:これいいですね。はい。回転技も入ります。

殿:回転!

タカ:回します。回して回して回して、このようにして揺らすのが基本形でございます。これを早く、ね、できるだけ回数を多く揺らしてもらうということで。

殿:んーっ!

タカ:チャレンジしていただきたいと思います。

太田:はい!

タカ:間違っても飛び出さないようにね。よ〜い、ピッ!

(BGM)

(テロップ「両乳に万歩計を入れる 制限時間15”」)

(まずは1番の女性からスタート)

タカ:さぁ揺らして揺らして!あ〜いいですね、OK! OK! いいよ!

高田先生:お〜お〜お〜お〜。

タカ:はい!もっともっと、揺らして揺らして。はい10秒!

殿:何か大阪のキタ新地って感じだなぁ。

(スタジオ笑い)

タカ:ピッ!はいそこまで。

太田:えぇと、左乳が65、右乳が64。

タカ:おぉ!

殿:あら!

永田:あぁ!

タカ:とりあえずトータル129回ということで。はい、じゃあ続いてのチャレンジャーに参りましょう。

殿:クマンバチみたい。

(スタジオ笑い)

(2番の女性は右と左のおっぱいを別々にゆらしている)

タカ:よ〜い、ピッ!あっ、揺れてる揺れてる!はい、立て揺れですねこれも。

殿:出た!

高田先生:おいおいおい。

タカ:ちょっと今、自分で声出したりしましたね。あらすごい!ピッ!

殿:あら。

タカ:これは揺れましたよ。

太田:左乳93、右乳107。

殿:うわ〜っ!

タカ:差があるなぁずいぶん。

永田:百回!?

タカ:さぁ、え〜、じゃいよいよ知香ちゃんですか。よ〜い、ピッ!さぁ振って振って!揺らして揺らして! いいですねぇ。

(3番の女性がチャレンジ)

殿:あぁ〜。

タカ:振ってる振ってる振ってる!

殿:何か、いいバーテンになれないよお前。

(スタジオ笑い)

タカ:忙しいルーキー新一さんみたいな。

殿:おっ!

タカ:ピッ!はい!15分経ちました。さぁ今の揺らし方どうだったんでしょう?

殿:途中で一回止まったからな。

タカ:ちょっと休みがありましたね

高田先生:ん〜。

太田:。はい。結果は、左乳72、右乳74です

タカ:あ〜、まぁまぁというところでしょうかね。華絵ちゃんが圧倒的ですけども。

殿:竹やぶの書割みたいなのイヤだよ。

高田先生:はっはっはっは。

(スタジオ笑い)

(高橋さんが、緑色のチェックのワンピース水着で登場。)

タカ:なんで絞っているのおなかを

高田先生:(笑)竹やぶの書割。

タカ:どうしてもやる?

高橋:はい、お願いします。

ダンカン:あの、くれぐれも言っておきますけど、審査員のアピールは結構。

(スタジオ笑い)

タカ:そうですね。アピールはもうどこにもしないように。

殿:ガマガエルの解剖みたいになっちゃってもんなぁ。

タカ:よ〜い、ピッ!

(高橋さんは胸の中にではなく、お腹のところに2つ万歩計をくっつけている。水着の布をひっぱるようにつかみ、審査員席に向かってアピールしながら揺らしている。カメラさんがどんどん引きの画に。)

義太夫:あっはっは!

殿:やってみて笑うぜ。

高田先生:あ〜来た来た来た!

タカ:感じるな!

殿:汚い!

ダンカン:汚い。

タカ:何〜〜してんだよ!

タカ:ピッ!はいそこまで。

高田先生:汚いねまた。

殿:鍋のドジョウじゃないんだから。

(スタジオ笑い)

タカ:じゃ測ってもらいましょう

太田:はい。左が82、右が92です。

小島:すご〜い!

タカ:うわっ!また数も中途半端!はい、もう結構です。下がって下さい。ということで三人はなかなかいい勝負でしたねこれ。ね。プルプルでいうと華絵ちゃんが一歩リードかなというところでございますけども、さぁ、いよいよこの次は大変な選考になります。。

殿:んっ!

(SE「まんぐり!」&アイキャッチャー)

タカ:「パンチラCCD綱引き選考」!!

(BGM&スタジオ拍手。たけしさん、固まった笑顔で手を振っている。)

殿:新国王!

タカ:やめてくださいそれも。

高田先生:新国王だから。

タカ:新国王。今度はですね、綱引きをしてもらいます。

枝豆:(笑)新国王。

高田先生:おっ!

タカ:これはただの綱引きではございません。皆さんですね、ミニスカートを履いて!

高田先生:おっ、いいね!

タカ:綱引きをしてもらいますが、その時にですね、え〜、そちらに亀がございますね。亀の頭の部分にCCDがついております。

(亀のぬいぐるみが3つ床に並べてある。そのお尻の部分に手の形のはえたたきみたいなのがくっついている。ロープを引くと亀が移動する仕組み)

殿:カメアタマ!

タカ:それが自分のスカートの下を通ると、自分のパンティをみんなにアピールできると。しかし力加減で相手に負けてしまうと、相手がそっちののパンツを見せてしまうと。できるだけ自分のパンティをたくさん見せる。

(テロップ「自分のパンチラをCCDカメラに3秒写せた人が勝ち」)

殿:そうだ。

タカ:皆さんはですね、その熱闘ぶりを見てどちらの引き方が良かったかをですね、この赤白の旗、手元の旗で判断していただきたいと思います。

高田先生:あぁ、裏表になってんだ、これな。

タカ:さぁ、それでは第一回戦から行ってみたいと思います。第一回戦はですね、美沙さんと華絵さんですね。それでは行きましょう。よ〜い、ピッ!

(BGM「天国と地獄」)

(テロップ「第一回戦 みさ&さなえ」)

(おねぇちゃん同士が背を向け合って、亀の上にまたがって立ちロープを引っ張っている)

タカ:さぁ頑張れ!引いた、どっちも引いた!

殿:これあんまり力入れるとねぇちゃんが向こうの方に――。

タカ:おっ、いいな!さぁ負けるな負けるな、おおっと引き返した引き返した!

(CCDカメラの映像、手の形がパンツのところを触っている)

ねぇちゃん二人:あっ、あっ。

ダンカン:いい声が出てますよぉ!

タカ:両方がちらちら!

殿:何だ、ハブとマングースの戦いみたいだな。

ねぇちゃん二人:あ〜ん。

タカ:さぁハブとマングースどっちだ、負けるな負けるな!いい画ですねこれ!あ〜っ!また誰かめくってる! さぁ頑張って、頑張って! オーエス、さぁどっちだ!? 

(ピーッ、終了)

タカ:さぁこれは、華絵ちゃんの赤が優勢だったか美沙さんが優勢だったか、皆さんに札をあげていただきたいと思います。どうぞ!

高田先生:赤と白ね、じゃあ。

タカ:あぁ、これ圧倒的に白ですね。

(なんと高田先生以外全員白)

高田先生:白?

タカ:はい、白の美沙さんの勝ちで〜す! 

(スタジオ拍手)

高田先生:よっ!

タカ:第一回戦、美沙さんの勝ち残り。さぁ続いてはですね…

(高橋さんが神妙な顔つきで映っている)

殿:シード?

(スタジオ笑い)

永田:あはは。

殿:シードだろ?

タカ:知香ちゃんと、高橋は今日はね、ケガしてますんで、無理するとかわいそうですから…

殿:予選落ち。

タカ:もうやめといた方がいい。

高橋:(いえいえ、とやる気まんまんのポーズ)。

殿:シード!

タカ:ケガしてるだろう?ちょっとこっち来い!

永田:あははは!

ダンカン:(笑)おいおい。

殿:蹴れ蹴れ。

(タカさん、高橋さんの耳をつかんで裏へ連れて行く。高橋さんの「痛〜い」の声が)

高田先生:強制退場?

義太夫:あっはっはっは!

高田先生:おっ、ヤキ入れてるぞ!ボコボコだ!

タカ:(一人で戻って来て)え〜、棄権するそうです。

(スタジオ笑い&拍手)

殿:何だ、おなかが痛いの?

タカ:え〜、ちょっとお腹が痛くなったって言ってますんで。

殿:あぁ良かった。

タカ:じゃあしょうがないんで、ゆうなちゃんに。

殿:残念だなぁ。

高田先生:残念だなぁ。惜しかったなぁ。

タカ:ゆうなちゃんにやっていただきましょう。今回はですね、ゆうなちゃんが赤ということになります

殿:(高橋さんが)のぞいてるぞおい。

永田:(笑)こわ〜い。

タカ:よ〜い、ピッ!

(BGM:「天国と地獄」)

(テロップ「第二回戦 ちか&ゆうな」)

タカ:さぁ頑張れ!おっとゆうなちゃんが!

殿:強い強い。

タカ:ゆうなちゃんが自分の方へ!あ〜あ〜、何て画?これは。おっと、引き返した引き返した、知香ちゃんも来た! いや、これはすごいなぁ。あ〜、あ〜いい! 

(どっちもほとんど動かない。)

タカ:もうお互いいい大人なんだから譲り合うとこ譲り合って!こっち来た!こっち来た!ピーッ!

(終了)

タカ:え〜皆さんもですね、あまりのすさまじい映像に、声を失いましたけども、これもなかなか見どころの多い対戦でしたねぇ。さぁ旗をあげていただきたいと思います。ゆうなちゃんが赤、知香ちゃんが白ですけれども、札をどうぞ!

(ジャン!)

タカ:白、赤、赤。おっ、同点かな?白四、赤五ですね。はい、知香ちゃん勝ち残り、おめでとうございます。

(スタジオ拍手)

タカ:さ、いよいよ勝ち残ったふたりで決勝戦です。よ〜い、ピッ!

(BGM「天国と地獄」)

(テロップ「決勝戦 みさ&ちか」)

タカ:わっ、もう少しだ、もう少し行かないと自分の下に来ないよ!知香ちゃん頑張って! 

浜野:手が。

高田先生:手が。

タカ:手がいいんですよ手が。はい。あ〜っ、両方抑えてる!さぁ、残り5秒。頑張って!

斎藤:あ〜……う〜ん。

(ピーッ)

タカ:え〜っ、最後は美沙さんの方へ行ってしまいましたがね。さぁ、この熱戦の模様を皆さんはどういう風に判断したんでしょうか? 審査員の皆さん、美沙さんが白、知香ちゃんが赤で、札をあげていただきたいと思います。それでは行ってみましょう。札をどうぞ!

(ジャン!)

タカ:うんっ!赤白赤白、白白赤白白。ということは白の美沙さん優勝で〜す!

殿:お〜っ。

(スタジオ拍手)

タカ:まず、セクシー早脱ぎではやはり美沙さん一位、知香さんニ位、華絵さん三位。1、3、3、2、1で、ほとんどこれ、順位難しいですね。

殿:足して全部四だぜ。

高田先生:そう、四。

タカ:これからですね、皆さんにちょっと相談していただいて。難しいですね。

高田先生:どうなんだ?

殿:んっ?

ダンカン:一回目、三回目。

枝豆:今回だけじゃちょっと決め切れないでしょう?

タカ:決め切れない?え〜、皆さん非常に素晴らしいですね、戦いを見せていただきましたが、今回の選考基準だけでは皆さんの良さを出しきれなかったということで。

殿:あれ。

高田先生:あら。

タカ:ぜひ、次回第二回のですね、『輝け! まんぐり娘オーディション』を開きたいと思いますんで、教授にですね、今日の総評をいただきたいと思いますけど。今日のオーディションいかがだったでしょうか。

殿:俺に振るんじゃないよバカ野郎!

義太夫:うわはははは。

高田先生:あっはっはっは。

(スタジオ大笑い)

殿:何で俺に振るんだ。俺に振るんじゃない!

タカ:いやぁ、それはかなり厳しいと思いますけれどもねぇ、うまく行ったのか行かなかったのか、我々もよく判んなかったということで、第二回に皆様、ご期待していただきたいと思います。え〜、以上北野まんぐり講座でした!

(スタジオ拍手)


(本日の検証結果:「今回のオーディションは改めて仕切り直すのがいい」)





(CM)



(SE)

(高田先生、小島さん、永田さん、たけしさんの間に今日はタカさんとダンカンさんが座り、後ろに枝豆さんと義太夫さんが立っている)


殿:はい。すごいなぁこのメンバーは。

高田先生:絵柄。

小島:全員――。

タカ:ちゃんとこのメンバーで、この間は歌番組も出てきたんですから。で、久々に松尾伴内先生とお会いして。

殿:あいつ?

タカ:かわいそうでしたよ。

殿:何で?

タカ:あのねぇ、呪縛に囚われてましたね。

殿:呪縛霊?

タカ:はい、クルマが好きで、クルマの、外車の本を読んでんですよ、ずっと。

殿:うん。

タカ:でも本人は今、ゴルフってちっちゃいクルマ乗ってるんですよ。で、俺らももう、頑張ってるんだしもうちょっといいクルマ乗ったら? って。ほらカッコいいじゃない、フェラーリとかさぁ、って言ったら、「いや、僕はそういうのは。ファミリーカーがいいんですよ」って。

高田先生:ひひひ。くっくっく。

タカ:何でファミリーカーなの?もういいじゃん、って言ったら、「いや、十五年前に『お前と斎藤清六はベンツ乗ったら殺してやる』ってたけしさんに言われました」って。

(スタジオ笑い)

(テロップ「松尾伴内はベンツ禁止令!!」)

ダンカン:あ〜、言われた言われた。

タカ:で、我々が仕事している間にですね、このふたり、何かグァムに行って来たらしい。

殿:ふたりで行ったの?

小島:え〜、ふたりで行ったんですか?

枝豆:ふたりで言うか、らっきょも居て。

タカ:らっきょも行ったんだ?

小島:アヤシイ。

枝豆:あと、誰が居ましたかね。

義太夫:モノマネの布施(辰徳)と、それで、殿に。こいつがねぇ、うらやましいんですけど(とおみやげのおもちゃを渡す)。

タカ:何かトサカみたいなのがついてるんですけど。あっ! 

(テロップ「グァム旅行土産」)

(義太夫さん、ほくそ笑みながらたけしさんへのお土産にネジを巻く。真ん中におねぇちゃんがいて、その前と後ろに男性が立ってて、すごい勢いで腰を動かすおもちゃ。笑)

ダンカン:あ〜!

殿:キツツキじゃないかこれ。

義太夫:お土産です。

(スタジオ笑い)

高田先生:嬉しいか、これもらって。

殿:これ、お前どこ置くんだ。えっ!?





(エンディング・ロール)

(エンディング・テーマソング:「SEA SIDE WOMAN BLUES 作詞:作曲 桑田佳祐」)

(後ろ姿で熱唱するたけしさん。頭上にはスタジオのライト。)

出演
ビートたけし
高田文夫
ガダルカナル・タカ
ダンカン
グレート義太夫
つまみ枝豆
太田浩介
〆さばアタル
〆さばヒカル
永田杏子
小島可奈子




編成 川上大輔(フジテレビ)

構成

安達元一
竹内きよのり
斉藤タカシ
――――――
しょ〜ぞ〜
やまがた弁
――――――
ダンカン

TP 中村彰
TD 松嶋賢一
カメラ 安藝孝仁
証明 稲木健
音声 竹山裕隆
VTR 山本米勝
音声 有馬克巳
EED 関口靖央
MA 植木俊彦
TK 江藤香織
美術プロデューサー 丸山覚
美術製作 増岡武宏
デザイン 坂根洋子
美術進行 沢辺晃義
装着 戸口和彦
特殊道具 白鳥保夫
衣装 高野知子
持道具 貞中照美
メイク 長縄希穂


音楽協力
ビクター小池

広報 中島良明

プロデューサー
吉田 宏
梅本 満

演出
藤保修一

製作
フジテレビ・イースト





(ハガキ募集のお知らせ)

 北野まんぐり講座告知
・クイズ日本人の質問
・特命リサーチ200X
・発掘!あるある大辞典

などでは、取り上げないくだらない質問を大募集中。

あて先
119−0188
フジテレビ 北野まんぐり講座係

ハガキで…





小島&永田「採用された方には、全国展開のクルマ買い取りネットワークのガリバーよりMDプレイヤーを差し上げます。







(CM)





この番組はご覧の提供でお送りいたしました。

TOSHIBA EMI、Play Station、avex trax、ユニバーサルインターナショナル、メニコン、ワーナーミュージックジャパン



(タイトル:「足立区のたけし 世界の北野 」終 また167.5時間後にお会いしましょう。)


謝辞・出典
 当ページ作成にあたって、文献『コマネチ!』『ユリイカ増刊 北野武 そして/あるいは ビートたけし』『笑芸人』『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『キンゴロー』『昭和のTVバラエティ』『シナリオたけしくん、ハイ! 』『シナリオ続たけしくん、ハイ!』『たけしメモ』、ウェブサイト『テレビドラマデータベース』『PAGE YASU(“TV VARIETY”コーナー)』『ノズル書房(“ビデオ整理日記”コーナー)』『くふのページ』『インターネットTVガイド』『オフィス北野』を参考にさせて戴きました事を、ここに篤く御礼申し上げます。
コメントの募集について 
 『たけしの遺伝子』では、殿関連TV番組への感想等を募集しております。投稿は掲示板『たけしチルドレンズ横丁』へどうぞ。伯爵(編集長)ねこ(元締め)
programmed by 2001 伯爵 /powered by たけしチルドレンズ横丁